保険について詳しく知りたい!見直したい!そんな方には無料相談がおすすめ!口コミ&評判がいい相談窓口を比較ランキングで紹介しています。

保険の見直しで今より保険料が下がるってホント?

公開日:2020/09/01  最終更新日:2020/09/07

加入中の生命保険の見直しを行ったり、よりよい保険に切り替えたりする際には保険無料相談を利用するのが便利です。東京でなどの都市部を中心に多く開催されていて、利用することで毎月の保険料が安くなることも多くあります。家族構成の変化や定期的な見直しにより保険料が下がることで、家計にも大きなメリットが生まれてきます。

現在加入をしている保険の見直し

保険無料相談では、すでに加入をしている各種生命保険について定期的に見直しを図ることや家族構成が変化したときに見直しをしたいというケースが多いです。このとき簡単に変更するのではなく、東京などでよく行われている保険無料相談の場に足を運ぶのもよいでしょう。

専門の相談員の話を聞いて確認することで、毎月の保険料が下がる可能性が見えてきます。より安価な金額で広範をカバーできるようになっていることも少なくないため、新しい時代に即したものへ切り替えることで、毎月の支払額を減らすことが可能な場合もあるでしょう。

東京などではいろいろな保険会社が保険無料相談を開催しており、このような場を利用することで見直しの幅が広がってきます。以前に勧められて加入したものが現在では時代に合っていないこともよくあります。新しいタイプの保険も次から次へと出てきており、以前よりも個人に合った内容のものが見つかることもあるでしょう。

見直しをしてみる意味は大いにあります。複数の保険商品と比較検討がしやすくなったことも大きく、加入をしている保険にメリットがあるかどうかなどを見極めることも重要になってきます。変更をするだけではなく社会の変化に合った保険に加入するためにも、保険無料相談で話を聞くことはおすすめです。

公的制度の拡充と見合った民間の保険見直し

かつては医療制度だけでカバーできていたものが、現在では介護保険制度が導入されたことや、難病に関する医療の法律などが制定されたことにより負担の見直しも行われています。

さらに、国民健康保険加入者に対する限度額認定証の発行や高額療養費制度なども大きく変化しており、自己負担部分について安価で済ませられるようになってきました。社会的な情勢の変化がある中で、従来通りの保険だけでよいのか、そもそも加入をしている意味があるのかどうかを見極める必要があります。

介護保険に関していえば、利用者の自己負担額の変化もあるため、貯蓄や加入している保険だけでは対応ができないケースがあります。反対に、あえて加入しなくても問題がない場合もあります。

それぞれの家庭によって求められる保険制度が違うため、すでに加入をしているものが合わないこともあるでしょう。家族構成が変化すると、必要のない部分も出てきたりします。東京など都会で働いていたときには必要であっても、地方へと移ることで不要になるケースもあります。

無駄な保険にずっと入り続けることでのデメリットを考えるとともに、小さな疑問にも答えるてくれる無料相談の場で、しっかり話をすることが求められるのです。あえて保険に入らなくてもよい場合もあるため、現在加入している保険が無駄になっている可能性を鑑みて見直しは重要になります。

不要な保険や特約の見直しで保険料を減らすこと

家族構成の変化にともなって保険を見直したときに、今までの保険料が大きく下がる場合があります。あるいは、加入している保険を解約することで、保険料そのものが不要になることもあるでしょう。すなわち見直しを行うことで、今まで支払ってきた保険料の負担が大幅に減ることや不要になり、貯蓄などに回すことが可能になってきます。

かつては必要だと思って入っていた特約が、時代やライフステージの変化によって不要になることもよくあることです。不要になっているのに払い続ける保険料は無駄ですから、定期的に見直すことが重要です。

その一方、かつてはまだ制度そのものがなかった公的保険制度が制定され、医療制度の拡充で対応ができる部分が増えていることもあり、公的制度の知識も大切になっています。公的制度で足りない部分を民間でフォローするという考え方を知っていると、その上で必要かどうかを判断するのに、専門のアドバイザーと話せる無料保険相談の利用はメリットが大きいでしょう。

特定の商品へ誘導される可能性はありますが、それでも専門家であるファイナンシャルプランナーなどが家計の見直しの一環で、適切なアドバイスをしてもらえる可能性が高まります。不要かどうか判断をするためにも、第三者的な視点で助言がもらえることはとても大切であり、新しい知識で対応ができればそれに越したことはないでしょう。

 

家計の収支における保険料の負担が大きすぎる場合や、新しい公的制度の導入によりすでに不要になった特約などもあったりしますので、定期的な保険の見直しは重要です。特約などもすでに時代遅れになっていることもあり、不要かどうかの判断をするためにも無料保険相談の利用も考慮の余地があります。

おすすめ関連記事

サイト内検索