保険について詳しく知りたい!見直したい!そんな方には無料相談がおすすめ!口コミ&評判がいい相談窓口を比較ランキングで紹介しています。

ソニー生命の画像1

おすすめポイント完全オーダーメイド制のプラン設計を実施

ソニーといえば、あらゆる家電製品の大手メーカーでも知られていますが、そんな企業が立ち上げた生命保険会社が「ソニー生命」となります。元々は1979年に、米プルデンシャル生命との合併により、「ソニープルデンシャル生命保険」として設立された企業でしたが、1996年に合併が解消され、完全にソニーの子会社となり、現在に至ります。

ソニープルデンシャル生命保険時代の名残として、ライフプランナーと呼ばれる専門家がコンサルティング営業を担っており、完全オーダーメイド型の手法でプランを提案するサービスを、現在も提供中。ここでは、そんな外資系の名残を持つソニー生命のサービスについて、詳細を解説して参りたいと思います。

ソニー生命のライフプランナーとは?

ソニー生命の画像2

ソニー生命では、相談者の未来の生活を明確にし、様々なシーンにおける必要資金などをプラン化する、「ライフプランニング」(人生設計)なるサービスを、ライフプランナーを通して無料で提供しています。また、ソニー生命のライフプランナーは、厳格な採用基準をクリアし、徹底された独自のカリキュラムによる教育を受けており、お客さんを一生涯支えられる豊富な知識を取り揃えています。

オーダーメイドの保険

ソニー生命の保険は、お客さん一人ひとりに本当に最適なプランを提案するために、完全オーダーメイド制のプラン設計を実施しています。できる限り本当に必要な保障内容を用意できるため、合理的にライフプランニングできるよう配慮されているのが大きな特徴と言えるでしょう。

ソニー生命のライフプランニングの流れ

ソニー生命の画像3

ソニー生命が実際どのようにしてライフプランニングを提案しているのか、一から順に流れを見てみましょう。

①   ライフイベントの洗い出し

最初に家族構成や、結婚に出産、入学など、実現したい目標を挙げて時系列で整理するところからスタートします。いつまで働きたい(働ける)か、家のリフォームや旅行プラン、お子さんの独立の時期、親御さんの介護リスクの予想時期などを、ライフプランナーと相談して整理していきます。

②   将来の収支をシミュレーション

やりたいこととやるべきことが明確になったら、将来の収支のシミュレーションに入ります。自身のライフプランを現実化すべく、必要資金はどのくらいになるのか「見える化」します。見える化とは、ソニー生命のライフプランニング・サポートサービス「LiPPS」を用いて、わかりやすくグラフ化したもの。

年度別収支グラフイメージや、金融資産イメージなどを作成し、生活費や教育費、住宅ローンなどの出費と、給与や年金などの収入を、時間の経過と併せてグラフ化されます。

③   収支プランの改善

最初のシミュレーションの結果がいい結果にならなくて、夢の実現が危ぶまれそうな場合であっても、ライフプランナーがそんな困難な状況を打開するための相談にも応じます。たとえば、住宅ローンの組み方を再検討したり、生活費や貯蓄方法の見直しなどのアドバイスをして、改善プランを共に組み立てる試みを行っています。

④   万一時のシミュレーション

さらに、万が一の事態が起こった場合のシミュレーションも実施しています。不測の事態が起こった場合であっても、組み立てたライフプランが実現され、遺族が安定した生活を送れるための資金を明らかにします。

あえてシミュレーションサービスは取り扱わない

ソニー生命の画像4

ソニー生命は、ホームページ上で保険の販売、並びに学資保険を除くシミュレーションサービスを実施していません。これまでの説明からも理解できるかと思われますが、ライフプランニングは綿密な計画を立てて初めて成立するものです。

あくまで保険のプロによる直の判断から、お客さん一人ひとりに最適な保障を組み立てていくことを重視しているので、サイトからのシミュレーションだけでは、限界があるのは明白でしょう。

ソニー生命の画像

ソニー生命

完全オーダーメイド制のプラン設計を実施

公式サイトで詳細を見る

ソニー生命の外貨建終身保険

ソニー生命の画像5

ソニープルデンシャル生命保険時代の名残とも思しき「外貨健終身保険」は、米ドル権で保険料が運用される保険となります。これは米ドル健の保険料を円換算して払い、保険金は米ドル・円のいずれかお好きな方で受取可能。また、為替動向に合わせて、途中で前納することも可能です。

この外貨健終身保険は、保険と言うより投資に近いサービスとなります。

余剰資金で利用するのが吉

この保険は、あくまで金銭的余裕をある程度確保した上で運用するのがいいという見方が強い商品になっています。死亡や高度障害状態への保障が厚い保険金であることはもちろん、解約時の返戻率が高いことが魅力的なのも外貨建保険の強みです。

しかし、外貨建というのは為替リスクも並行して視野に入れなければなりません。そのため、自身が保有する資金の、あくまで一部を安定した円建保険にして、残りを外貨建保険にした方が、リスク拡大を防ぐ方法となるでしょう。

老後資金の貯蓄は「低解約返戻金型終身保険」がおすすめ

「低解約返戻金型終身保険」とは、保険料の支払い期間中に解約すると、解約返戻金が減ってしまう代わりに、月々の保険料を割安にした生命保険(死亡保険)になります。

口コミによく見られるのは、「外貨健終身保険よりも低解約返戻金型終身保険の方がいい」という意見。この低解約返戻金型終身保険は、保険料が安いものの保険料の払込を終える前に解約してまうと返戻金が本来戻ってくる金額の7割減となるデメリットがあります。しかし、保険料の支払期間が満了となった時点で解約すると、利用者に多額の返戻金が振り込まれることになります。

外貨健終身保険は、為替変動により返戻率が代わってしまうため、リスキーであることから、このような意見が出ていると思われます。

相談の流れ

ソニー生命の画像6

ソニー生命に連絡を取って、相談をする流れを説明します。

①   申込フォームor電話にて連絡

公式ホームページの申込フォーム、または電話で申し込む形になります。ライフプランニングする際の日程や場所の相談は、この時点で承る形に。また、実際会う前に、電話かメールによる連絡が入ります。

②   ライフプランナーから連絡

担当ライフプランナーから、電話、あるいはメールにて連絡が入ります。

③   保険の相談

担当ライフプランナーが、指定の場所に伺い、要望をヒアリングします。自宅はもちろん、カフェや勤務先など、ご都合がつきそうな場所を指定しておきましょう。また、忙しい場合は、短時間の相談も承っています。

会社情報

・会社名:ソニー生命保険株式会社

・住所:【本社】〒100-8179 東京都千代田区大手町一丁目9番2号 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ

・電話番号:0120-158-679

・営業時間:平日9:00~21:00/土日・祝日 9:00~17:30 ※ゴールデンウィーク、年末年始を除く




サイト内検索
記事一覧

評判のいい無料相談所比較ランキング!

商品画像12345
商品名ほけんリーグほけんの窓口保険見直し本舗保険クリニックほけん百花
特徴徹底的に顧客目線を意識する「プロ保険選手」を育成日本全国に店舗を展開。TVCM放映で知名度も高いお客様1人1人にオーダーメイドな保険提案を実施お客様の保険選びをサポートする”ホームドクター”駅周辺に多数展開しているので相談しやすい
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ