保険について詳しく知りたい!見直したい!そんな方には無料相談がおすすめ!口コミ&評判がいい相談窓口を比較ランキングで紹介しています。

保険について無料相談する際の方法や流れ

公開日:2019/11/14  最終更新日:2019/11/15

スーツの女性が女性に説明をしているイラスト
ここでは保険の無料相談を利用する場合の申込方法や相談の流れについてご紹介します。

相談するときの方法や流れ

相談する際の大まかな流れは、以下になります。

①面談日時予約
②担当者によるヒアリング
③基礎知識の説明
④保障内容の設定
⑤保険内容の作成
⑥加入している保険との比較
⑦最終調整
⑧契約手続

最初の申込方法は、「サイトの申込フォームで申込」・「メール・電話による詳細連絡」」・「担当者とのマッチング、日程調整」の流れで進みます。もし予約段階で既に相談したい内容が確定している場合は、その内容も入力しておくと良いでしょう。

無料相談は面談形式で行い、原則FP(ファイナンシャルプランナー)が対応します。1回につきおよそ90分ほど時間をかけ、1回で面談から契約まで完結することもありますが、多くは2~3回ほど面談が行われます。現在の生活状況や収入額、保険内容を作成するにあたって必要な希望条件をヒアリングし、保険の悩みや疑問点について整理していきます。

その上で、見直しが必要と判断された場合は提示された条件に最適な保険商品を提案する段階に入ります。そして相談している人の家計状況の分析を行った上で保障内容の測定、保険設計の作成、現在加入している保険とのメリットとデメリット及び相違点を説明し、保障内容の最終調整を行います。

最終的な契約内容に問題がなければ、そのまま契約手続きを行います。現在加入している保険がある場合、新契約の保険始期日までに解約手続きを行いましょう。

相談する場所ってどんなとこ?

面談場所は、訪問型の場合は自宅、勤務先、カフェ、ファイナンシャルプランナーの事務所などから指定が可能です。また店舗型の場合、その店舗に訪問することになります。

保険の内容について話しますので、相談場所はなるべく落ち着いて話せる環境で時間が多少長くなっても問題ない場所が良いでしょう。もし資料や証券のコピーなどをあまり持ち歩きたくないのであれば自宅、自宅は入って欲しくないけどあまりうるさくない場所が良いのであれば事務所や静かな雰囲気のカフェを選ぶと良いでしょう。もし法人関係での保険であれば、勤務先での面談もありなのではないでしょうか。

店舗型の場合は面談場所は店舗のみとなりますが、多くは複数店舗を経営しているため、自分に合った場所が選べます。それを踏まえると、自分の住んでいる場所や勤務場所の近くの店舗を選べば、移動の負担も少なくて良いでしょう。

相談するときに事前準備は必要?

事前準備で特別に準備することはありません。もし現在加入している保険について相談する場合は、その保険証券や保険に関連した資料を持参した方が話しがスムーズに進められます。

もし家族で同じ保険を加入している場合は、それの証券も持っておくとより良いでしょう。保険によっては、1つの保険契約につき、ある特約を1つ付けておけば規定の親族間全員に適用できる場合があります。そのため、無料相談で見直しをして保障内容の変更や保険料の削減なども併せて図ることができるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事を読んで、保険相談の流れについて理解を深められたら幸いです。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧