保険について詳しく知りたい!見直したい!そんな方には無料相談がおすすめ!口コミ&評判がいい相談窓口を比較ランキングで紹介しています。

相談する際に注意すべきポイント

公開日:2019/11/14  最終更新日:2019/11/15

スーツ姿の男女が人差し指を立ててPOINTを表しているイラスト

ここでは無料相談を利用する際の注意点をご紹介します。

【ポイント①】相談が必要か、見直すべきか考えてみる

最初に注意するべきポイントとして挙げられるのは、「そもそも今、保険の相談が必要かどうかを考えること」です。どこかのタイミングで現在加入している保険会社から連絡があって、契約内容の見直しをしないかと声が掛かることがあると思います。

勧められるがままにとりあえず相談を受けるのも良いと思いますが、保険の見直しに最適なタイミングは”自身の生活状況に変化があったとき”です。自身の生活状況に変化のタイミングは、転職したとき・結婚した時・家族構成が変わった時・保障内容がよく分からなくなり、不安になった時・特別条件での契約を変更したい時などが挙げられます。

転職、結婚などは仕事の収入や血縁関係の変化が発生するため、保険の見直しをしてより最適な保険内容で再契約が必要です。また、子供が生まれた時なども見直しする良いタイミングですね。また、現在契約している内容があやふやになったときも相談のタイミングですね。

また持病などの関係で特約に制限がある状態で契約していて、その持病が治った場合なども契約内容変更の良いタイミングですね。

【ポイント②】相談所の口コミや評判を確認しよう

2つ目に挙げられるのは、「利用する相談所の口コミや評判を事前に確認すること」です。

公式サイトでの口コミだけでなく、口コミサイトでの利用者の感想を見ることも大事なことです。大体どの相談所も良い口コミもあるし悪い口コミもあるかと思いますが、内容をよく精査して総合的に利用するかどうか判断することが大事です。

また、電話やメール対応の時でも、声色やレスポンスの早さなどで改めて利用するかどうか判断できるでしょう。電話対応時の言葉遣いが砕けすぎている、レスポンスがあまりにも遅い、再度連絡すると言ってしばらく経過しても連絡がないなど、面談前の連絡対応に不信感を持ったら利用を見合わせておくと良いでしょう。

【ポイント③】しつこい勧誘があった時の対処法

注意するべきポイントの3つ目は、「強引な勧誘があるかどうかを確認すること」・また「勧誘を受けた際の対処法を覚えておくこと」です。相談に行ったら、入るつもりはまだなかったのに勧誘に遭ってしまったという場合があるかもしれません。今後は、勧誘に惑わされずきちんと断ることができるように、良い断り方をこちらでご紹介します。

まず勧誘を受けたら、まず枕詞として感謝の言葉をさっくりと伝えましょう。その後に謝罪の言葉を添えつつ、加入しない理由を伝えて断ります。やんわりと断るというよりは、あくまで毅然とした態度で伝えることが大事です。

そして最後に、「また機会があったらよろしくお願いします。」と言って、話を終わらせましょう。このように毅然とした態度を一貫して貫くのが大事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。注意点を知ってもらい、自身の無料相談を利用するタイミングを上手く掴めると良いですね。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧