保険について詳しく知りたい!見直したい!そんな方には無料相談がおすすめ!口コミ&評判がいい相談窓口を比較ランキングで紹介しています。

経営者の強い味方!法人保険の目的と種類を徹底解説!

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/08

保険というと、万が一の場合に備えて個人が加入するというイメージがあります。病気やケガで働けなくなった時や、亡くなってしまった場合に残された家族のためにまとまったお金を残したいなど目的はさまざまです。そんな保険の中には、企業などの法人向けに販売されている法人保険があります。今回は法人保険の目的や種類を詳しく解説します。

東京の保険無料相談を活用するのがおすすめ

保険には企業向けの法人保険がありますが、保険会社によっては取り扱っていないこともあります。とくに保険料が割安なインターネットを中心に営業を行っている保険会社では、ほとんど取り扱いがありません。東京では保険無料相談なども行っているので、加入することを検討している場合は、実際足を運んでみることがおすすめです。

法人保険は個人向けの保険とは内容が異なるため、専門的な知識を持った営業マンやアドバイザーに話を聞かなければ、有益な情報を得られないことも多くあります。法人税務の取り扱い方や経理処理などについては、専門的な知識が必要です。東京の保険無料相談では、そういった専門の知識を持った人が具体的にわかりやすく説明してくれます。

ただ漠然と保険に加入するのではなく、事業計画や目的に合った保険に加入する必要があるのです。法人保険は、個人向けの保険と比較すると自由度が高くなっていることが多いでしょう。必要な保障を必要な分だけ付けられるので、今後の事業計画などにも配慮し、その会社に最も適した保険を選ぶことができます。

取り扱っている保険会社によっても内容が異なるため、複数の会社の内容を比較検討してみることが大切です。東京にある保険無料相談で話を聞いても、保険に必ず加入しなければいけないというわけではありません。将来的に加入するかもしれないので、話を聞いておきたい場合は、気軽に相談してみましょう。

どうして法人保険に加入するのか

法人保険に加入する目的を一言で表すと、安定した企業経営を行うためです。事業運営を行っていると、さまざまなリスクに見舞われることがあるでしょう。まず、事業運営を行う上で最も懸念されることは、社会経済の悪化や情勢の変化などにより売り上げが急激に落ちてしまい、資金繰りが苦しくなる事態です。資金調達が上手くできないと、設備投資を行うことができず、さらに経営が悪化してしまう可能性もあります。

それから経営者が、突然の事故などによって死亡するリスクも考えなければなりません。経営者の死亡は経営にとっても多大な影響を与えるのです。とくに中小企業などの場合は、経営者に頼り切っていることも多く、事業資金に影響が出てしまう可能性もあるでしょう。後継者が自社株を引き継いだ場合には、相続税などが発生するケースもあります。生命保険などを活用することで、このような不測の事態に備えることが可能なのです。

その他にも、役員などの退職金を確保する目的で加入する場合や、従業員の死亡リスクに備える場合もあります。長く経営に携わってきた役員の退職金は高額になるため、経営に大きな影響を与えることがあるのです。退職金を支払うために金融機関などから借り入れを行えば、資金繰りや決算に影響が出てしまいます。そのような時のために、生命保険を活用して計画的に退職金を用意できれば安心です。生命保険は、従業員の死亡退職金にも使うことができます。

法人保険にはどんな種類がある?

法人保険には、大きく分けて生命保険と損害保険の2種類があります。生命保険は、人に関連するリスクに備える保険です。細かく分類すると、定期保険や逓増定期保険、長期平準定期保険、養老保険などの種類があります。

経営者の死亡に備える場合には、保険料を抑えた掛け捨てタイプの定期保険などが選ばれることが多いようです。経営者が亡くなってから新しい体制に移行するまでには、およそ3か月程度はかかります。その間の運転資金を準備できれば、事業を継続しやすくなります。金融機関から融資を受けている場合には、全額返済できる金額が必要です。このような状況を考えてから保険金を設定するのが一般的でしょう。

従業員や役員の退職金には、養老保険が選ばれることが多いようです。養老保険は貯蓄性が高く、節税効果が期待できるというメリットもあります。ただし、経理処理のことも踏まえて加入する必要があります。

損害保険は、人ではなく物に関する損害に備える保険になります。火事が起きた時に補償を受けられる火災保険なども損害保険の一種です。不測の事態によって営業ができなくなってしまった場合の休業補償もあります。

たとえば、台風などが発生して店舗に被害が出た場合には、営業を続けることができません。そのような時に補償をしてもらえることができるのです。従業員が通勤中に事故に巻き込まれた場合や、ケガをしてしまった場合などの労災に関する保険も存在します。

 

法人向けの保険には、生命保険と損害保険の2種類があります。生命保険は人に関するリスクに備えるためのもので、損害保険は物に対するリスクに備えるためのものです。経営者が死亡するリスクを軽減することや、資金繰りが悪化した場合の資金調達を目的に加入するのです。東京の保険無料相談などで、まずは話を聞いてみるのもおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索